• « 2017·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告  - - TOP

2009’11.22・Sun

ツール

ミクシのつぶやきが思いがけず楽しいので、
ツイッターもやってみたい今日この頃。
いろいろ調べてやっぱり面白そうだなーと思うのだけど、
でも、まだちょっと手探り中。そのうち始めたいな。

原稿という作業柄、夜中過ぎまで起きていることが多いので、
(もう、体がそういうバイオリズムになっちゃってるんだろうなー)
ネットを始める前から、真夜中にひとり仕事をしているのが
ときたま無性にさみしくなることがあったりしたんですね。
今、世界のどこかは朝だったり昼だったりして、たくさんの人たちがいるはずなのに、
唐突に、「あれ、もしかして私、今ひとりぼっち…?」みたいな罠に(笑)。
真夜中病かな。しんとした夜の世界が、静かだからよけいにさみしいのかも。

だから、夜中のつぶやきに誰かがひと言返事をしてくれるだけで、
仲間がいてくれる!という明るい気持ちになれそうな気がします。
単純に、いろいろがんばれる気がする(笑)。

「JIN」を見てて、孤独ということの意味を少し考えました。
心細かったけど孤独じゃなかったと、金八さん(違います)と号泣する場面は、
私も男泣き。←え。
人は本当につながっていないと、ひとりじゃなくても孤独になってしまうんだろうな。
私も、だから、誰かとつながっていたいのかなと思います。

Categorie日々  - - TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。